あおばく整骨治療院

院長紹介

院長プロフィール

院長 弓田 龍輔

福島県南会津郡下郷町に、自動車整備工場を営む父と会社員の母の間に2人姉弟の長男として誕生。
小学生の頃から体格には恵まれていたが、どちらかと言えば鈍いほうで、スポーツでの成績はいまいち。
中学に入り、野球に没頭。3年ではレギュラーとなるも相変わらず鈍く、守備は足がそこそこ速かったので外野、打っては長打か三振という選手だった。このとき、野球の才能はあまりないことを悟る。
高校に入り、陸上競技の円盤投げを始める。真面目にトレーニングを積んだ結果、3年生の時県大会で2位となる。
このころ、ハードなトレーニングにより肉離れやぎっくり腰などを何度も経験し、地元の接骨院にお世話になっていた。
進路を決める際に、自分もスポーツ選手をサポートする側になりたいと考え、宮城県仙台市の専門学校に入学。
3年で、柔道整復師の国家資格を取得した。しかし、ケガに対する資格である柔道整復師だけでは、開業したときに不安だと感じ、夜間鍼灸学科に進学。
資格を取ってすぐに、市内の接骨院に勤務し施術しはじめると、学校で習った知識と技術で通用しないことを痛感する。
その後、3年で鍼師・灸師国家資格を取得すると、休日可能な限り勉強会に参加し、知識と技術を磨くようになり、徐々に結果が出るようになっていった。
ようやく自信がついてきたころ、市内の関連院の院長をしないかというオファーがあり引き受ける。
ここでは、4年間管理者として勤務。ケガの施術や自費での施術などたくさんの患者様を施術させていただき、いろいろな症例を経験する。
同時に、フライングディスク(フリスビー)をつかった種目、アルティメットの東北地区リーグ戦、大会本部トレーナーとしての活動も開始し、内外において貴重な勉強をさせていただく。
このころ、これまで学んできた柔道整復術、鍼灸、カイロプラクティック、Ken Yamamotoテクニック、トリガーポイントリリース、甲地式神技整体など、様々な治療法を研究、分析し、現在の施術スタイルとなる。

2016年あおばく整骨治療院開院
従来のオープンスペースで流れが早く、痛いところだけをほぐして、すぐ戻るような決まった施術ではなく、プライベートな空間でひとりひとりとしっかりと向き合い、1日でも長くいい状態が持続するようなオーダーメイドの施術を提供したいと考え独立。
トレーナーとしても、2度の日本代表のサポートを経験。世界大会前には、複数のチームからのオファーがある。
現在も、一人でも多くの笑顔の為に日々奮闘中。

経歴

2005年 柔道整復師免許取得
2006年 仙台駅前の整骨院にて6年勤務
2008年 鍼師・きゅう師免許取得
2012年 青葉区内の整骨院にて4年間分院長として勤務
2016年 あおばく整骨治療院を開設

実績

2007年~現在 フライングディスクアルティメット東北リーグ オフシャルトレーナー
2011年~2013年 フライングディスクアルティメット東北学生大会 オフシャルトレーナー
2012年、2015年 フライングディスクアルティメット関東オープン オフシャルトレーナー
2013年~現在 AzaleaGames オフシャルトレーナー
2013年 福島スポーツフェスタフライングディスク競技 オフシャルトレーナー
2014年 全国レクリエーション大会福島フライングディスク競技オフシャルトレーナー
2014年 CLUB Jrアルティメットドリームカップ オフシャルトレーナー
2014年 全日本アルティメット選手権大会北海道・東北予選 オフシャルトレーナー
2014年 世界アルティメットクラブ選手権女子マスターズ 日本代表「SANZ」チームトレーナー
2016年 世界アルティメット&ガッツ選手権女子マスターズ 日本代表チームトレーナー